通販薬局
日本の電話:
国際電話:
あなたのカート
$ 0.00

よくある質問

クーリングオフはできますか?

クーリングオフとは、一定の日数内であれば購入申し込みや契約を一方的に解除できる制度のことです。通販サイトでの医薬品の買いあげは販売とは異なりますので、この制度を適用することはできません。また、クーリングオフは日本国内での特定商取引法に基づく独自の法律であるため、海外との取引は該当しないことになります。

当サイトでは、対価が入金された時点で売買が成立されたとみなされ、不良品が届くなどの目立ったわけがない限り、キャンセルは受け付けることができません。

夫/妻とアカウントを共有することができますか?

アカウントは原則1名様につき1つずつお持ちいただいています。これはサービスの機密性や医療上の性質のためです。また、消費者のプライバシーを守ることにもつながっています。そのため、親子や夫婦、配偶者であっても口座は共有することは許されていません。万が一ユーザーIDの共有が発覚したら、規約に反することになり、アカウントの停止または閉鎖をすることがあります。

副作用が生じたらどうしたらいいですか?

基本的にお薬の買込みはお客様の自己責任で行っていただいています。あくまで当方どもの役割は、オーダーを迅速に処理し、最終的にお客様のお手元にたどり着くまでとなります。そのため、到着後のことに関しては、免責となります。効果や副作用に関聯するクレームも受け付けておりません。事前にお薬の服用には潜在的な副作用のリスクがあるということをご了承ください。

救済策として、副作用の兆候などがあらわれた場合は、お薬の服用を即座にストップし、医療専門家に話すことを勧めます。

商品はどこから発送されますか?

ほとんど異国から積み送りされます。発送国は製造国と一致するとは限らず、アメリカ、台湾、香港、シンガポール、タイなど弊社のサプライヤーから送出されます。

商品の差遣に時間がかかっているのはなぜですか?

海外から品が輸送される時、飛行機だけではなく、船で輸送されることもあるため、通常よりもお時間を頂戴しております。

また、逓送国の祝日と重複した場合は、運送業者や税関が休みとなるため、デリバリーが遅くなることがあります。

例えば、中国文化が根付いた国々では2月に旧正月と言われる連休があるため、この際の積み出しには時間がかかります。

その他、インドではヒンドゥー教の新年であるディーワーリーという休暇が、毎年10月ないしは11月に5日間ほどあります。さらに、過去には郵便局でのストライキにより仕事がすべて休止した例もありました。

このように発信国の状況によって配達状況がゆだねられるので、遅滞してもご容赦ください。

個人情報は漏えいしないでしょうか?

お客様に係る情報は、厳重に保守されているため、流出の心配はいりません。また、データ管理システムも常に新式にしており、誤作動やウィルスの侵入がないよう、万全の姿勢をキープしております。

お薬の使用方法についての説明はありますか?

弊社は医療機関ではないため、薬剤の使用に連関する解明はしておりません。医師や薬剤師の免許を保持していない者が患者に対して医薬品に連なる説明をすると、違法行為となります。そのため、各製品に簡単な日本語説明書(注意事項)を添付しているのみとなります。最低限の予備知識をお持ちでない場合は、お薬を服用する前に、持病、体力、症状、お年などを医師にご相談ください。

関税とはなんですか?

関税とは、諸外国からものを持ち込む際に一部の製品に対してかけられるタックスのことです。

一般的に、約一万円を超える物品に対しては、千円前後の関税が発生するとお考えください。ただし、関税の支払いの義務が発生するかどうかは、担当した税関職員の研修期間や経験に大きく左右されます。そのため、全く同じ製品を同量輸入したとしても、関税が発生する場合としない場合があり、一概にはっきりとお伝えすることはできません。

何時も同じ薬をもらえますか?

在庫がある場合に限り、同じブランド名、バージョンのお薬をご購入いただくことができます。しかし、メーカーが製造を中止した場合や、リニューアルした場合は、ストックがなくなり次第出品を終了することがございます。

また、需要が多い商い物に関しては、在庫切れとなることもございます。再入荷時期についてはカスタマーサービスへお問い合わせください。

提携している薬局に納入期を確認いたします。

届いた商物が製品ページに掲載されている画像と違うのはなぜですか?

当サイトのイメージは売り物の説明をする目的のものであり、色やデザインが実際の品物とは異なることがございます。必ずしも画像と一致するというわけではございませんので、事前にご了承ください。

異性用の医薬品を購入することはできますか?

本サイトでは、ご本人が使用するお薬のみご買うことが可能です。そのため、異性用のものを発注した場合、譲渡・ビジネス目当てで輸入したとみなされ、通関できない可能性がございます。

旦那様、奥様のものであっても、必ず当事者がご注文ください。

取り扱い品のリクエストをすることはできますか?

ご客様からご要望に応じて、検討することが可能です。

ただし、麻薬取締法、向精神薬取締法で規制されている薬物は一切除外されます。

すべてのご要望にお応えすることは難しいですが、ニーズを踏まえたうえで、商売の可否を審議いたします。

パスワードを忘れてしまいました。 

暗証コードをお忘れの場合、再設定が必要となります。ご登録いただいているメールアドレスに仮パスコードをお送りしますので、再度ログインをしてください。

領収書は発行してもらえますか? 

弊社は日本拠点ではないため、日本のレシートは発刊しておりません。

ただし、どうしても領収書が欲しい場合は、発送元の規定の書式に則ったインボイス(英文)の発行が可能です。

注文した薬が本物であることをどのように実証できますか?

私たちは、連携している医療会社・薬局と点検したうえで、ブランド名の薬の公式メーカーが供給するお薬のみを提供しています。そのため、弊社が扱う医薬品は、品質と安全性の厳しい基準を達成しています。

また、出荷の際のサプライチェーンも厳重にチェックされているため、お客様の手に届くまで安全なルートをたどっています。

そのほか、パッケージにあるバーコード番号またはシリアル番号を引用することで、製造元に直接照らし合わせるることも可能です。

荷物に貼られた用紙には何が記名されていますか?

お荷物には、通関に必要な書類・宛先の記述のみで、商標は書かれていません。

お客様のプライバシー保護を最優先させて頂いておりますので、ご安心ください。なお、中身はわからないようするために、内容品名欄に家電、食品、雑貨、などと偽った内容を書き記すことはしておりません。

マイアカウント